SST ソーシャルスキルトレーニング


お久しぶりです。むーたです。
最近加齢臭が若干ひどい気がしますが、やっぱり食べ物かなー。
また試行錯誤しなければかも。

先日むすこの発達テストがあり
半年前とくらべて若干の成長が見られ、
この半年、、びっくりするくらいいろいろあったにも関わらず
伸びがあったことにちょっと感動しつつ。。
伸び悩んでいる面もあるので、
また気持ち新たに無理ない範囲でがんばろっ!と思った次第です。

そして、療育の学校で、親対象の療育講座があり行ってきたのですが
今回はソーシャルスキルトレーニングのワークショップ。。。
って知らずに参加してしまった。。。

前半は、療育で子ども達がどういうスキルトレーニングを積んで
どういうことを目標にこういうプログラムを用意しているのか
という説明で。
例えば、朝のお支度で、リュックの中からものを取り出す
タオルをかける、ノートをカゴに入れる
リュックをしかるべき場所に置くというのもすべてトレーニングの一部で
幼稚園対策というわけではないということ。
「目的的な行動の発達」を促すトレーニングなのだということ!へー!!!
保育園でも毎日やってるけど、先生がラクするためじゃなかったのね!苦笑(←どんだけねじれた発想汗)

行動の発達は、ひいては身体知覚、身体図式の形成に繋がっていくとのことで
はぁ。。朝のお支度にそんなに深い意味があったとはつゆしらず。。
大変申し訳ない気持ちになったり笑

そしてそういう目的的な身体操作が行えるようになった先に
視覚、聴覚との統合があり、、
こっから先は大人でも、出来てるか微妙みたいな、ソーシャルスキル的なところに
入ってきます。(□。□-) フムフム

ソーシャルスキルトレーニングを略してSSTと呼ぶのですが
詳細はここでは書きませんが気になった所メモ。。

・ひとりひとりの世界の受け取り方を肯定する。
・シェアリング(共有)(→排除を絶対にしない。ダメよを絶対に言わない、やっていることを受け入れる)
  受容はあるが、排除がない
  好悪(好嫌)の念はあるが、否定は無い
・お互いを認め合う人間関係
・信頼関係作り→受容体験→SST→不安解消!

などなど、、大人でもいろいろ思う所がありますね。。苦笑
育児においてダメよを言わないって無理じゃない?と思いますが苦笑
理想としては、ダメな行動のまえに「そうして欲しくないということを伝える」とな。。
そして、できれば好ましくない行動がでないよう大人が先回りすべし。。
ってーーー。。厳しい。。厳しいっす。。><
ハイレベルすぎますっ!

そしてお勉強したところで、大人のSSTワークショップ。。
そりゃあもうテンパりましたよ。。SSTが理解できて生活でもできてたら
こどもは療育に通ってないのではないでしょうか爆。。。
という仲間のママさんたちなので( ̄ェ ̄;) エッ?
隣で顔を見合わせて、、っていうか私たち苦手なのに無理じゃない?という合意苦笑
いやある意味すごい高いソーシャルスキルで合意してますが笑
座った席が悪くて、、一番難しいルールで体験することになってしまい
まんまと、ルールの理解ができないんですがと、ゲームが始まってるのに聞いた私です滝汗
ソーシャルスキル低すぎるーーーーー滝汗
いや、ごまかさずに聞けた私、スキル高いとも言える?苦笑

とまあ、自分の社会性の鈍さを改めて実感させていただきつつ
これからも親子ともにがんばっていこうと思った次第です。(。-_-。 )ノハイ


そしてこれまた先日の保育園のプール見学。。
ピンクパンツの息子。。肉体だけは立派すぎる。。
105センチ18.5キロ。。。見た目5歳児の中身やっとこ3歳児、、ε-(;ーωーA フゥ…
隣の同じクラスの子と遠近法を考慮してもふた周りくらいでかい笑
そして黒い笑
やっと愛着形成できる様子がみられてきたので
最近はやむなくこの巨大児をおんぶして登園しているわたくし。。
がんばってるーーーがんばっているとおもう(T(T(T(T_T)T)T)T)うるうる