出産の話。


いやはや、暑いですね。
赤ちゃん抱っこしてるとさらに暑くて朦朧としてきます。
出産後に血圧が上がっちゃったので
(上がった理由に心当たりがあるので、何ともなんですが。。)
安静を言い渡され、エアコンも結構低めな設定で
何より体力奪われない方向でと。安静安静にしていたので
産後2週間ですが、かなり体力回復してきました!

ええと、出産どうだったかって話なんですが
ものすごく短く言うと
48時間の前駆陣痛→陣痛開始→病院で言う分娩台へ乗った後、
3時間ほどで出産!

( ̄-  ̄ ) ンー。
もう既に辛かった部分をすっぽり忘れておるので苦笑
なんともなんですが笑
ちと思い出しつつ。。書いてみます。

080810_02.jpg
文字ばっかりだむ。




48時間の前駆陣痛はそこそこ強くて
15分おきくらいに襲って来て、痛くて、何度か助産院まで車で行っては
まだ子宮口1センチ。お家で待機してね。と帰され。
まじでー。もう死ぬー。
あー、妊娠中頑張っても、こんなに苦しいのかー。。もう何だったんだよ〜〜。
(ノ_・、)シクシク。
みたいな事もありながら、旦那様もどうしたものかと
おろおろしつつ。丸2日すごしまして。
1日目にも行ったんですが、陣痛付けの鍼の先生のところへ
2日目も行きましたところ、もう、施術中に
どんどん陣痛の間が短くなって来て。。正直、あーやっと
来てくれたか〜!陣痛よ!!って気分。
まる2日も待たせて〜!!って感じ。
痛いけど嬉しいくらいの気持ちだったと思うけど、、
(側でみてた旦那様にそう見えたかは疑問、苦笑)
このまま、陣痛が遠のいては困るので、
でこぼこぐねぐねの山手通りでぐらぐら揺られながらさらに強まる
陣痛とともに、助産院到着。(このころ20時くらいかと思われる)
もう、すでにまともな会話等できないくらいの状況だった気がするけど。
ここで、48時間で消耗してしまった体力を
補っとかんと、最後の踏ん張りが利かない!ってことで
とにかく食べろたべろ。大作戦。
あ、到着してすぐの内診で、子宮口は4センチくらい開いてる!とのこと。
やった〜!
っつっても、座ってるともう、ほぼ休み無く来る陣痛さんに
もだえまくり。
でも、どんどんくるってことは、時間短く産めるかも?!
頑張れ私。頑張れあかちゃん。頑張れ陣痛!
と、心の中では思ってた。
けど、きっと、側で見てた人にはそう見えてたかってのは疑問。苦笑
陣痛中で覚えているのは
途中でトイレに行って来てと言われて、泣きそうになりながら
膀胱がカラのほうが赤ちゃん出て来やすいから頑張って!と言われて
赤ちゃんの為なら!と這ってトイレに行ったこと。と
どういう訳だか、そんな合間ってあったっけ?と思うんだけど
助産師さんと、結婚してから(その前も)様々な病気で苦しんでたってな
思い出話を一通りしたってこと。笑
おかげで、うつで旦那様もいろいろ大変だったとか
そんなことまで話したもんだから、出産後も、心のケア対策して頂いたりして
なんともかんとも。苦笑。
そうこうしてると、どうも、それまでガンガン進んで来てた赤ちゃんが
なかなか降りてこなくなり、重力じゃないとだめ!と
助産師さんの的確な判断により、分娩用のいすに座って
後ろから旦那様が私を支え、天井からぶら下がるさらしにつかまって
産む体勢に。。。
なんとも、、大奥か?みたいな感じ。苦笑。
このスタイルだと、あかちゃんが重力で下に降りてくるのでおかあさんは
いきんじゃだめ。。涙。とにかく、波がきたらいきまず
つかんださらしのほうへ力を逃してひたすら息を吐く。。
っつっても、もう出て来そうなんで、イキミたくてイキミたくて、
ものすごく辛い時間だったなぁ。。
でも、それも3時間あまりの絶叫と苦しみの末
なんだかまだまだかかるかも、、とおもった瞬間に
もう頭が出てた!
で、ひと呼吸置いてから、波がきたらいきんで!!って言われて
やっと、いきんで、体がつるっと出た!
なんだかそのあとは、
よく覚えてないけど、ものすごーーい爽快な気分でいっぱいで
赤ちゃん。へその緒短すぎてお腹にやっとこ乗るくらいだったのが
ちょっと笑えた。
どうやら、長時間の前駆陣痛はこの短いへその緒のせいだった模様。
始まってからがそこそこ短かったのは、
ちゃんと体があったかく緩んでたからだと思う。
なんにしても、終わってみれば
48時間の前駆陣痛は辛いには辛いけど
本格的な陣痛と比べたら、、あんなのはもう、辛いうちに入らんってなかんじだし
なにより、助産院に着いてから6時間くらいで
産んじゃったって初産、男の子ではかなり優秀なんじゃない?!って
ことで。
しかも、縫うような傷も出来ず、ほんといろいろ頑張ってよかったぁ。。

産んだあとは、さすがに48時間ろくに寝てなかったし
力つきて、立つ事も出来なかったけど。
なんだか、こんな私でも赤ちゃん産めた感動と自信みたいなものは
とってもとってもすばらしいものでした。
そして、産んだ瞬間の何とも言えない気分は
どう表現したらいいのかわからないけど、
「ああ〜!もう一回〜!!」って叫びたいくらい感動して気持ちよかったです。
(って伝わるだろうか?笑)

結局、へその緒は40cm程しかなく
出てくるのがいろいろ大変だった模様。
妊娠中に苦しめられた胎盤さんは1.5cm程しか厚みがなくて
妙にひらべったくでっかいちょっと変わった胎盤だったようで、、
ひらべったくでかかったから、子宮口にかぶってたのか?!と
思わせるでかさでした。

と、こんな感じで。
もう、既に出産どうこうより、おっぱいな毎日のほうで
今は頭がいっぱいなんですが
ちょっと、暑くてイラっとしたりしてたので
出産の感動を思い出して、がんばろーと思います。

それから、息子さんは名前がつきました
そらくんです。
これからもどうぞよろしく。ぺこ <(_ _)>

080810_01.jpg