ララランランラン。

「ラ・ラ・ランド」見てきちゃいました。
あれはなんというか、ものすごい映画で。

とにかくここ数年で見た映画の中でほんとうに一番よくって
できるならそのままもう一回みたい!!!
というかどうしても映画館でもう一回みたいんですが。。
と切実に思ってしまうくらいには良かった。。

だいたい、ラストでは号泣しすぎて
うわーん。っていうくらいの号泣っぷり。。
なんとなく最初主演の二人が好きになれるだろうか、なんて思っていた自分を
ほんとうに恨むレベルで号泣してしまった。。
化粧はぼろぼろだったけど、あれを泣かずに見れるなんてありえない。

自分で言うのもなんだけど、あまり夢を追いかけてきた系ではなく
現実を踏みしめてきたつもりの私でこれだけ泣けるのだから
心当たりのある人の心打たれ具合は想像するだけで震えるレベル。

そもそも、父親が大学時代はジャズ研、幼少期からどでかいスピーカーにアナログレコードはジャズという。。
そのありがたみがまったくわからない幼少期を過ごしておりまして爆

あげく生マイルスデイビスのライブも行ったことあるんですよね。。まったくありがたみがわかっておりませんでしたけど。。orz…
そして相変わらず素晴らしさはよくわかっていませんが、、とにかく映画は最高すぎたのです。
絶対もう一回行く。行ってやる!!

そして昨年度最後の保護者会のときに廊下に張り出されていた息子の詩。

「らんどせる」
らんらんらんらん
がっこうへいこう
らんらんらん

なんとなく自分の中で繋がって。。
人生はいろんなことがあるけれど、それがまた素敵と思えるといいな。。

あっという間に4月がスタートしてしまって
今年度が気がついたら始まってしまった感じだけど
しばらくは毎日お弁当作りつつ。
ラ・ラ・ランドのサントラ聴いて過ごそうと思います。
いやーよかった。